問題点

バウンサーははっきり言ってボリューム不足感は否めませんよぅ。バウンサーの所々のロードも若干長めだし、ボタンの強弱での攻撃も少し出し辛い気が。。でも僕的には大変「満足した」と思えるゲイムでした。まずPS2の機能を最大まで生かしたグラフィック、これでまず感動。見せゲーにも最適ですな。あと各キャラを育てながら進んで行くのでどうしても何回も遊んでしまう。結局総プレイ時間を見てみると結構楽しんでいる自分に気付きました。最近の某大作ロープレの様にただ長けりゃいい、ってもんでもないですな。太く短く!これも良いもんです。バウンサーの発売日の次の日には中古で発見しましたが、確かにすぐ売る人がいるのも納得であります。でも僕は骨の髄まで楽しみ尽くしたいと思うし、見せゲーとして取っとくつもりです。うん、いいね。

バウンサーを買った当初はかなりハマった!徹夜するくらいの勢いだった!だけど後からいろいろな不満点に気付いた。(ワガママかも知れないけど)まず、ロードが少し長め。でも代わりにキャラごとの昔のやりとりを入れてあるのは良かった。あと、バウンサーの使用できるキャラが少な過ぎる。そのせいで結構早く飽きる。もっと曲者的なキャラを増やしてほしかった。最後に、バウンサーのストーリーがヤケに短い点。これもすぐに飽きてしまう。キャラを育てる点でも、より腕を上げる点でももっとずっと長く設定して欲しかった。その方が全クリした時の感動も増すだろうし。いろいろワガママを言ってしまいましたが、スクウェアさん。お許しをw

バウンサーのこれぞPS2ならでは!と言うグラフィックは圧巻の一言でした。仲間キャラのお陰で格闘ゲームは苦手な僕にも楽しめるし、グラフィックとの相乗効果もあってシナリオも盛り上がるしと言う事ない!と言いたいところなのですが、問題点も多々ありました。それは一言で言うと「バウンサーはユーザに対する気配りが足らない」です。まず固定されたカメラアングル、これのせいで死角に回った場合、何がなんだか分からないうちにタコ殴りにされてしまいます。折角右スティックが開いてるんだから、これで多少は動かせれば……と何度思った事か。次にバウンサーにはコンテニューがない、これのせいで一度ゲームオーバーになったら、再度ロード、デモの見直しを繰り返させられます。また、毎回セーブしなければならない、と言う事もあって、兎に角待たされます。バウンサーのデモシーンも一括カットではなくシーン毎に行うのでイライラも倍増です。ただでさえシークタイムが長いんだしねぇ……最後は本当に残念な部分なんですけど、VSモードのシークタイムの長さとPS1コントローラが使えない事です。このせいでバウンサーは対戦格闘ゲームとしての魅力が激減してしまいました。
| 改造

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。